倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています 企業案内 いつでも、どこでも、だれでも、安心して 保健・医療・介護サービスを受けられることをめざし、倉敷医療生協は、地域のみなさまの立場に立った活動を第一に考えて行動しています。

仕事と家庭の両立 ファミリー・フレンドリー企業

倉敷医療生活協同組合は、平成17年10月岡山県労働局長よりファミリー・フレンドリー企業として表彰されました。これは、男性職員も含め育児休業を取得しやすい制度が確立されるなど、仕事と子育てを両立できる環境が評価されたものです。

ファミリー・フレンドリー企業表彰とは
赤ちゃんに食事をあげるお父さんのイラスト

仕事と育児・介護が両立できる様々な制度を持ち、多様でかつ柔軟な働き方を労働者が選択できるよう取り組みを行なう企業を厚生労働大臣および各県の労働局長が表彰するもの。表彰の要件として、
☆育児・介護休業制度が男性も含めて利用しやすい雰囲気であること
☆両立について経営トップ・管理職の理解があること
などとされています。

倉敷医療生活協同組合第5次行動計画

2015年4月1日
全体区分理事会

組合では、仕事と子育てを両立することができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、人的資源の流失防止と能力の効果的な発揮のため、また、地域における子育て支援のため、以下の行動計画を策定します。

1.計画期間

2015年4月1日から2020年3月31日までの5年間

2.計画内容

Ⅰ.子育てを行う職員等の職業生活との両立を支援するための雇用環境の整備に関する目標
目的1 男性も育児休業を取りやすくする環境の整備

<対策>

年1回育児休業を取得した職員の感想や声を紹介する。

目的2 育児休業取得率の目標を90%以上とする

<対策>

通年 出産を控えた職員に対し十分な育児休業制度の情報を提供する。

通年 職場復帰しやすい環境の整備として、休業中の職員の職業能力開発・向上のための情報提供(関係紙誌、医療生協報等を届ける)

Ⅱ.働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備に関する目標
目的3 有給休暇取得率の目標を70%以上とする

<対策>

通 年 新卒者採用を始め、必要職員数の確保を行う。

年1回 年度ごと、有給休暇の取得実績を事務長会議に報告する。

Ⅲ.その他の次世代育成支援対策に関する目標
目的4 地域における、子育て支援の活動をすすめる

<対策>

通年 幼児を対象とした「ひよこ教室」や小中学生を対象とした「子ども学びのひろば」など地域における子育て支援の活動をすすめる。

以 上

navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。