倉敷医療生活協同組合 私たちは利用者満足向上のために、全事業所でISO9001の認証を受けています。 WEB版医療生協 組合員一人ひとりの、日々の活動をご覧ください。たゆまぬ地域との協力・共同が、保健・医療・介護の未来を切り開いていきます。

倉敷医療生協WEB機関紙

「2019年1月号」(NO.0599)
  • 前月号を読む

迎春

瀬戸内海の夜明け=浅口市寄島町・三ツ山

豪雨災害から6か月 真備歯科 待望の再開1月7日から

待ち望んだこの日に あふれる笑顔

あたたかい声に支えられ

 真備歯科診療所は1月から再開します。昨年の豪雨災害以降、多くの地域住民の皆さんから支え励まされて、再開することができました。

こころひとつに

 昨年の豪雨災害発生翌月から、組合員さんのお宅を一軒一軒、訪ねて歩きました。お会いできた方からは、真備歯科診療所の再開を望む声とあたたかい励ましのお言葉をたくさんいただきました。全国から支援に来ていただいたみなさんとチームを作って、こころひとつに活動できました。  本当にありがとうございました。

早く行きたい

 復旧が目前に見えてくると、組合員さんから「再開したらすぐに歯科にいくから」「再開するまでの間も、しっかりと口の手入れをしておくから」など、たくさんの励ましの声が返ってくるようになってきました。
 12月17日から始まった予約受付では「すぐにでも行きたい」と言う声も届いています。
 多くの方々のおもいがつまった「真備歯科診療所」が、ますます親しみをもって診療を続けられることを願っています。

患者さんの顔が

 診療所のすべての物が失われ茫然となった診療所スタッフ一同ですが、いち早く避難所で口腔ケアや義歯の修理などの対応ができたことは貴重な経験となりました。
 今回の災害による避難は、深夜から未明にかけての時間であったために義歯の持ち出しができていない方が多く、避難所で義歯作成の型をとり、院内技工で早々に作成することができました。医療生協として、避難所の方々に、お役に立てたと実感しています。
 また、一つひとつの備品類を新しくそろえながら、患者さんの顔を思い浮かべ、診療予約開始と、1月7日から全面再開の日を迎えることができることに大きな喜びを感じています。

(事務長 小坂勝己)

明けましておめでとうございます

理事長<br />吉井健司

 2018年7月の豪雨災害により、真備地域をはじめ、県内各地が甚大な被害にみまわれ、真備歯科診療所も被災しました。
 当組合は、避難所への医療支援、真備地域組合員訪問など寄り添う活動を行ってまいりました。
 また、7月理事会で、真備歯科診療所の現地での再開を決定し、復旧をすすめてまいりました。真備歯科診療所は、本年1月より診療を再開します。
 みなさまのご支援・ご協力に、あらためてお礼申し上げます。
 また、昨年12月には児島歯科診療所が新築移転し、新しいスタートを切りました。
 2019年は、豪雨災害の教訓を生かし、自然災害への備えや、被災しても復興するための事業基盤づくりをすすめ、事業と運動の更なる前進に向けて邁進したいと思います。
 本年もよろしくお願いします。

玉島協同病院が創立40周年

創立40周年を喜ぶ職員=玉島協同病院玄関前で

 玉島協同病院は、1978年56床で開設し、昨年12月1日で40周年を迎えました。現在、内科を中心とした診療をおこなっています。

 玉島協同病院は、2014年12月の新築移転を機に透析医療を開始しました。108床の入院ベッドは急性期、地域包括ケア、医療療養といった様々な機能を持っています。
 外来では訪問診療(往診)をおこなっており、ケアマネージャーが受け持つ居宅支援事業所、通所リハビリ、訪問看護などの在宅、介護サービスも提供しています。
 開設当初は、現在の通所サービスの前身であるデイホスピタルを開始しました。往診や看護師の訪問なども併せて医療・介護の総合的な事業がおこなわれていました。地域の医療連携として、初代の三村宏二院長時代からおこなわれている地域の開業医の方々との症例検討の会(玉南医懇)は、現在も毎月定期的に開催されています。
 2004年の台風高潮による災害では、当院を含めて地域は甚大な被害を受けました。地盤の強い丘陵地である現在の地への新築移転は、将来予想される南海トラフ地震などの災害に対して、病院の役割を果たすためにも事業継続計画(BCP)として必要なことでした。
 40年間の経過の中で、外科の常勤医を配置し、全身麻酔の手術をおこなっていた時期もありました。厳しい医師体制、経営を守る視点、老人保健法の制定や介護保険制度の開始などの医療情勢の中、初代院長の三村宏二先生をはじめ、前律夫先生、福田博先生、道端達也先生の歴代の各院長と職員と医療生協が築き上げてきました。当院が歩んだのは、地域の人々の健康を守る役割と医療介護の総合的なサービスを提供する役割を果たすことです。
 内科中心の医療を提供する当院の力量(108床)には限界があります。地域の組合員の皆様、様々な組織、自治体、介護事業所、地域の医療機関との連携を取って今後も地域の健康づくり、切れ目のない医療介護サービスの提供のために頑張っていきたいと思います。

(院長 進藤 真)

健康フェスタ【コープリハ】

「地域まるごとリハビリ」では百歳体操も

かかりつけ薬局の地域支援活動と
ジョイント

 薬局はかかりつけ医と同様に24時間、患者さんの要望にお応えする使命を担っています。いわば健康情報拠点です。それを常日頃から地域にアピールする活動を今回、当院外来をお貸しして開催しました。
 コーディネートしてくれたのは水島高齢者支援センターです。
 11月11日(日)に当日を迎え、約60人の方が来場されました。無料測定コーナーでは血管年齢、骨密度、もの忘れの検査がおこなわれ、結果に一喜一憂されていました。測定結果についての説明は薬剤師さんから、日頃の生活などについて指導がおこなわれ、介護相談のコーナーでは、総師長が対応しました。
 倉敷市からの委託事業の「健幸アップ教室」をジョイント開催しました。約20人の方が参加され、百歳体操を体験していただきました。
 今後も保健・医療・福祉サービスとの連携をますます強め「地域まるごとリハビリ」を広めてまいります。

(事務長 笹舘勝人)

職場紹介 こんにちは玉島協同病院事務課です

会話がはずんでいます
分かりやすく心を込めて

 病院の正面玄関を入ってすぐ、開放的で明るい外来受付があります。その後方に事務課があります。
 業務内容は、外来診療や入院治療に来られた方の「受付」「案内」「会計」を中心に、「電話対応」「健診受付」「文書受付」など、多岐にわたります。
 さらに「経理」「労務管理」「統計関係」などの病院経営に関わる業務も担っており、14人の事務職員で分担しています。
 患者さんに安心して医療を受けていただくため、受付や電話で分かりやすい説明ができるよう、知識向上にも努めています。
 これからも、扇の要のごとく役割を発揮し、心を込めた対応を心がけていきます。何かご不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。

研修医日記水島歯科診療所 仲村麻奈

研修医<br />仲村麻奈 診療中の仲村歯科医師

多くの気づき

 岡山大学で複合型研修コースとして、4月から4か月の研修を経た後に、水島歯科で8月から研修をしています。研修も"あっ"という間に約5か月が過ぎました。
 環境が、がらっと変わった中で少しずつ診療に慣れてきました。8月から入職ということもあり、多くの不安がありましたが、自分で行える処置も増えてきて、充実した日々を送っています。岡山大学での研修とちがい、地域の患者さんとお話しする機会が多く、その中で多くのことを気づくことができました。
 地域に根ざした歯科だからこそ、患者さんとの対話の中で「カルテを見ただけではわからない、大切なことがたくさんあるな」「患者さんそれぞれのニーズに合わせた診療やカウンセリングが大切なのだな」と感じ、日々成長していると実感しています。
 同期の研修医が多いことや、あたたかい職員の方々、多くの患者さんへの感謝の気持ちを忘れずに、残りの研修医生活を過ごしていきたいと思います。まだまだ未熟な部分も多いとは思いますが、一日一日を無駄にせず、精進していきたいと思います。

支部でどんどん新しい班が誕生

生協強化月間で呼びかけた1支部1班以上の班づくりが広がっています

矢掛の山、すべて登るぞ〜!

矢掛支部

がらん班【新班】

 矢掛支部のがらん班は山登りが好きな仲間の班です。ちょっぴり歳は高齢(80代も)ですが、少々の山はへっちゃらです。がらん班は、支部のウオークの時に結成。初めての山が「伽藍山」で「がらん」班と登録しました。
 矢掛は歴史のまちです。周りの山々も歴史に満ち溢れています。登るたびに歴史にふれることも楽しみのひとつです。

(小泉美津子)


よりしま海と魚の祭典にて=12月2日

鴨方支部

和太鼓TAKU班【新班】

 和太鼓TAKU班は新しく和太鼓を習いだしたメンバーでつくった班です。
 1か月に2回、練習をしています。
 写真は12月に寄島で行われたイベントに出演した時のものです。先輩メンバーとの共演に緊張しました。

(伊沢祐子)


縁側で班会

新見北支部

千屋マーガレット班【新班】

 千屋マーガレット班は60代、70代、80代の近所同士3人で、美味しいコーヒーを飲みながら、健康チェックやおしゃべりで楽しい班会をおこなっています。
 握力測定では思いのほか、力が衰えていることを自覚し、体脂肪率では、その値の高さにびっくりです。
 「2つの健康指標と8つの生活習慣」のチェックをしながら笑って見過ごせること、うーんと唸って考えることもあり、何気なく過ごしている日常を見直すよいきっかけとなっています。

(宮原利枝)


防災士仲間で結成

しらかべ支部

防災班【新班】

 防災班のメンバーは昨夏の豪雨で避難所が地域の東・西小学校にも設置される中、中心となって動かれた防災士の皆さんです。
 東学区内には15人の防災士がおられ、自主防災組織の設立や運営など、安心して暮らせる地域づくりをめざし活動することになりました。
 早速コミュニティ協議会と協力し地域の『防災マニュアル』を作成しました。引き続き『誘導マニュアル』を作成中です。

(山川元昭)


紅葉狩りを楽しみながらウオーキング

玉島支部

メダカ班【新班】

 気の合う仲間が3人集まり結成された新班がメダカ班です。喫茶店のモーニングに行ったり、健康チェックをしたり色々な場所で班会をしています。この日は玉島図書館の近くの紅葉を楽しみました。

(岡田キヌ子)


大平山山頂にて

神亀支部

大平山を歩こう会【新班】

 大平山を歩こう会班では連島にある大平山へ週1回、3〜4人でおしゃべりしながら、楽しく登っています。216mの低い山ですが、天気の良い日は頂上から水島の市街地、遠くに瀬戸内の島々も眺めることができリフレッシュできます。

(近藤むつみ)


おそろいのTシャツでがんばっています

琴浦支部

おみなえし班【新班】

 おみなえし班では毎週金曜日、ストレッチ、筋トレ、脳トレをしています。
 1、2、3、4…とみんな声を出しがんばっています。終わった後は体が軽くなり姿勢も良くなり、すっきりします。とても明るく楽しい教室です。

(高尾美智子)


班づくりをきっかけに組合員に

乙島支部

ひなげし班【新班】

 ひなげし班は月3回、木曜日に玉島憩いの家で銭太鼓(※)の練習をしている班です。
 練習仲間に医療生協の加入の話をしたら組合員に入ってくれ、班を作るということになりました。練習以外に施設、町内行事にボランティアで参加しています。喜んでもらえ、こちらも元気をもらっています。

(鳥羽末子)

※銭太鼓(ぜにだいこ)とは、「銭の鳴る音」を利用して踊りの伴奏に使用するもの。「銭太鼓」とは書くが、和太鼓の一種ではない。


□9月〜11月に結成された新班
結成日 班 名 支 部 班員数
9月2日 メダカ 玉島支部 3人
9月12日 和太鼓 TAKU 鴨方支部 4人
9月18日 シャトルすずらん 高梁南支部 5人
9月20日 ういろう 総社吉備路支部 5人
9月21日 千屋マーガレット 新見北支部 3人
10月03日 なごみ庵 総社吉備路支部 3人
10月06日 お琴クラブ 倉敷南支部 7人
10月09日 和(なごみ) 倉敷東支部 5人
10月10日 寿ブラボー 二福支部 5人
10月13日 フォークダンス 富田支部 3人
10月17日 がらん 矢掛支部 4人
10月18日 おいちゃん 井原支部 7人
10月19日 おみなえし 琴浦支部 3人
10月21日 蕃山 早島支部 3人
10月24日 防災 しらかべ支部 3人
10月27日 本所A 玉島支部 3人
11月05日 つむぎ会 琴浦支部 4人
11月06日 すみれ 新見南支部 5人
11月09日 ハイビスカス 児島西支部 3人
11月10日 カラオケ班 こじま児郷支部 3人
11月12日 ナイスガイズ 船穂支部 3人
11月15日 お楽しみ班 新見中央支部 4人
11月19日 秋桜(コスモス) 南浦支部 3人
11月19日 マンディー会 四福支部 3人

私たちの支部:こじま児郷支部

新しい組合員と班ができました。<br />=11月10日健康まつり

 こじま児郷支部は、結成八年目で、児島中学校区と郷内中学校区を活動範囲とし、組合員数は約1600人です。
 運営委員長不在の困難な時期を乗り越え、現在は運営委員も11人に増え、毎月1回三役会議と運営委員会を開き、昨年から支部ニュースの発行と、支部運営委員会で通信教育の学習にも取り組んでいます。
 サロンを立ち上げ3年目に入りました。ずっと続けてきた昼食をはさんで半日程度の小旅行を今年度は6回に増やしました。児島9条の会と協力して平和学習のDVD視聴会にも取り組んでいます。
 今年度初めて、支部単独で健康まつりに取り組みました(写真)。
 目標の50人を超える参加があり、取り組みのなかで新しい組合員2人と新しい班(カラオケ)ができました。

部分日食観望会

日時:1月6日(日)9時から
場所:水島歯科診療所駐車場
問い合わせ先:090-4654-2175(志賀)

撮れたて!写真ニュース!

写真説明文

世界に一つだけのクリスマス☆リース(鴨方支部)

減塩すこしおクッキング【管理栄養士 かきうちはるな】

番外編

 みなさんは自分が普段どのくらいの量の食塩を摂っているのか、測ったことはありますか?減塩を始める前に、まずは自分の食塩摂取量を知っておくことが大切です。
 水島協同病院・健診コーナーではオプションとして、尿中推定食塩摂取量検査ができます(1回500円(税別))。ぜひ健診時に検査を受けてみてはいかがでしょうか。ご希望の場合は、事前にご予約ください。

厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)」より

「人間裁判」から学ぶ

人間裁判記念碑=早島町

「憲法」について考え、若者に伝える

 20回目となる平和フェスタが、2019年2月11日倉敷市水島公民館で、則武透弁護士を講師に迎えて開催されます。記念講演の「憲法とくらしを考える国民主権の成り立ちと役割」とあわせて、学びと交流のパネル展もあります。展示される「朝日訴訟」について紹介をします。

 1957年8月、生活保護を受けながら、結核で入院中の朝日茂さんが当時の生活保護費(生活扶助費として月額上限600円)は、憲法25条の「健康で文化的な最低限度の生活」をするには、あまりにも低すぎると、厚生大臣を訴えたのが「朝日訴訟」の始まりです。人間らしく生きることを問うた裁判として「人間裁判」とも呼ばれています。
 提訴から3年目の1960年、東京地裁は朝日勝訴の画期的な勝利判決をだしました。「ボーダーラインに位する人々が、現実に維持している生活水準をもって…、『健康で文化的な生活水準』にあたると解してはならない」「(国民の最低限度の)生活は予算の有無によって決定されるものではなく、むしろこれを指導支配すべきものである」というものです。しかし、最高裁では敗訴し、10年間に及ぶ朝日訴訟は終結しました。
 裁判では負けたのですが、その後、日用品の手当てなどは、提訴から5年目の1962年には倍増しています。「いくら憲法や法律で権利が保障されていても、黙っていては手にすることができない」「権利はたたかう者の手にある」ことを教えています。
 「朝日茂さんの命がけのたたかいを後世の若者たちに伝えたい」そんな思いで朝日訴訟記念展示室を岡山県民主会館に開設しました。一度立ち寄っていただき、社会保障闘争の金字塔といわれる朝日訴訟の歴史を肌で感じ取っていただきたいと思います。

(NPO朝日訴訟の会 事務局長 川谷宗夫)

2019年平和フェスタ

2月11日(月・祝)9:30〜

水島公民館
〜憲法とくらしを考える 国民主権の成り立ちと役割〜
則武 透 弁護士(岡山合同法律事務所)
パネル展
「朝日訴訟」「亀島山地下工場を語りつぐ会」「原爆写真」
参加費は無料です。託児所を準備しています。
お問い合わせ
健康事業部 TEL086-448-3369

仮設で健康チェック【倉敷医療生協・真備支部】

仮設住宅で健康チェック(11/26)

〜船穂町柳井原仮設住宅集会所で〜

 医療生協の理事さんや労働組合の呼びかけで11月26日に船穂町柳井原の仮設住宅で生活をされている方を訪問、20数人の方が健康チェックをしました。
 当日は、真備で被災をされた理容師の方がボランティアで散髪を行いました。私たちも一緒に、血圧、握力を測り「正常値ですね」との言葉に安心されていました。その後お茶を飲みながら交流「私も被災者です」と話すと又、話が弾みました。
 災害で井原線駅前での青空健康チェックができなくなり、5か月振りの健康チェックでした。
これからも皆さんに寄りそって健康チェックが続けられたら良いなと思っています。

(真備東支部 尾黒麗子)

待っていた署名

買い物客に署名を訴え(中央・筆者)

新見社保協が店頭で署名行動

 医療生協新見各支部が加入している、新見社会保障推進協議会は、「社会保障充実を求める」署名行動を市内の各所で取り組んでいます。
 10月のAコープ前では1時間で157筆、11月は新見プラザ前で88筆、12月はサンパーク新見前で115筆の署名が買い物客など多くの方から寄せられました。
 安倍政権の下、社会保障が改悪、費用もどんどん削られ、生活は大変になっている現状に、「待っていた署名です」「安倍はめちゃくちゃや」などの声がありました。「わしは自民党や」という方も、説明を聞きよく考えて署名していただきました。

(新見南支部 笹井勇二)

介護福祉の相談事例F

安心して療養できる

「障害者控除」の申告で医療費が軽減

 Aさん(80代男性)は約7年前に脳梗塞を発症し、要介護認定を受け、通所サービスを利用しながらの1人暮らしです。約1年前より入退院を繰り返すようになり、入院医療費の支払いが滞る状態になっていました。
 経済状況は、月約12万円の厚生年金を受給していましたが、家賃、生活費、オシメ代、介護サービス利用料を支払うと、入院医療費までの余裕がありませんでした。
 75歳以上の方が加入する後期高齢者医療保険では、課税世帯で、一般所得の場合、月額57600円の自己負担と食事代一食460円(月額約42000円)、月約10万円の医療費が必要です。
 病状的に長期入院が必要になり、家賃の滞納もあり、医療費まで工面ができませんでした。話を聞くと、住民税が僅かにかかっているため課税世帯となっていることがわかり、住民税の「障害者控除」の申告で非課税世帯になれば、医療費が減額されるのではと考えました。通常、身体障害者手帳等の交付を受けていることが条件ですが、65歳以上で介護認定を受けている場合は、福祉事務所で「障害者控除対象者の認定証」の交付が可能となる場合があり、税の申告の際、添付することで、「障害者控除」を受けることができます。
 成年後見人が選任されたAさんは、この方法で障害者控除の税申告ができ、結果、医療費自己負担が半額以下になり、毎月の収支が安定し、安心して療養できるようになりました。

(水島協同病院 医療福祉相談室 村上丈司)

組合員のひろば

穏やかな一年に 
倉敷市中島 三宅礼子
 西日本豪雨、北海道地震、大型台風など、日本各地に甚大な被害をもたらした一年でした。来年こそは災害のない穏やかな一年でありますよう、願わずにはいられません。

機関紙配達で癒やし 
倉敷市玉島 大本 慧

 30数軒の医療生協機関紙の配達は、四季折々の各戸の花壇を愛でながら。八十路の心も癒やされます。

ハンサムウーマン 
倉敷市東町 佐野篤世
 第32回岡山県消費者大会(10月30日)に出席しました。ジャーナリストの望月衣塑子(いそこ)氏の講演は素晴らしかった。権力に決して屈しないバイタリティあふれる、ハンサムウーマンでとてもカッコ良かった。

サカサ紅葉 
笠岡市笠岡 真鍋敬子

 今秋まっさかり。紅葉のいちばん見頃ですね。日本の富士山のサカサフジの絵やら湖にうつるのは良く見たり聞いたりしましたが、サカサ紅葉があると聞いてびっくり。テレビで床の上に映っているのを見て、一人で笑いました。皆様も一度みてはいかがでしょう。

ゴーヤ植えて 笠岡市大島中 星合建子
 私も早島町の日笠様同様、ゴーヤを植えて沢山でき、嬉しかったので知人に差し上げました。冷凍しておくと一年間いつでも好きな時に食べられて良いですよ。

どんな年号に 
倉敷市天城台 平本悦子
 平成もあと半年となりました。どんな年号になるのか、楽しみです。

あかねまつり 
倉敷市北畝 藤田邦子
 9月15日に娘(古城池高校生)が、あかねまつりに参加させていただきました。11月号2面にしっかり掲載されていたので、大切に保存しておきたいと思います。ありがとうございました。

歯科治療でおいしく 
倉敷市田ノ上 佐古弥寿代
 先日、実家で一人暮らしの母(80歳)と食事をしました。20年前に、阿新歯科診療所で治療していただいた歯の調子がずっと良く、おいしく食べられると感謝していました。さすが、医療生協の歯科ですね。

朝晩の冷え込み 
倉敷市中畝 松井洸樹

 最近朝晩の冷え込みで、体調管理に気を付けたいと思った矢先に、風邪を引いてしまいました。

写真の整理 
倉敷市北畝 松本かずえ
 今年の抱負のひとつは「子ども達の写真を整理すること」でした。もう11月になるというのにいまだに1枚もできていないという事態に!残りわずかでありますが、がんばりたいと思っています。

世相笑々
消費税増税
「もう法律できまっておりますので」
「それを言うなら戦争のために予算を使えないのは法律で決まっているんですよ」

写真

パン食い競争

 黒崎支部の運動会でのひとこまです。お母さんに支えられ、おねえちゃんが声援を送っています。はたして、パンはうまくとれたでしょうか。

(理事 原田系子)

【ちょっと聞いて】

◆亀にストロー

 一月前のこと。何気なくテレビのスイッチを入れたら、5人の男が大きなウミガメを砂浜へ押し上げる映像。目を凝らして見ていると、亀の鼻の穴にストローがささっている様子。かなり深く食い込んでいて、やっと抜けたら血が噴き出し、かわいそうでジーンとしました。呼吸の時、浮いていたのが運悪く吸い込まれたのでしょうか。

(山本 武)

navi:
TOPページ
更新履歴
理事長あいさつ
組合理念・品質方針
いま医療生協は
組合の歩み
定款Web閲覧用
運営組織
プライバシーポリシー
ファミリーフレンドリー
女性活躍
諸規程・各種帳票
CSRレポート
健康づくり
事業所の紹介
診療スケジュール
地図
求人案内
先輩スタッフからのメッセージ
看護奨学生の募集
バックナンバー
健康シリーズ
トピックス
イベント情報
機関紙配布協力者募集中
リンク集

©倉敷医療生活協同組合 2000- ホームページ内のコンテンツ・写真等の無断転写、転用を禁止します。